« 研究発表会 その2 | トップページ | 問題解決型授業 »

研究発表会を終えて

書画カメラを使った授業の感想をもらいました。

生徒からの感想は、
【良かった点】
■ ノートを映すことができるので、
⇒友達の計算の仕方(考え)やノートの使い方を参考にできた。
⇒グラフや表や図も説明しやすくなった。
  (黒板に書き写すのは大変なうえ、不正確)
⇒黒板に書き写す必要が無くなった。

■ 黒板に書く必要がなくなり、
⇒説明にかか(け)る時間が短くなった。
  説明するまでの時間の無駄が無くなった。
⇒たくさんの人が発表できるようになった。
⇒時間も短縮できてたくさんの勉強ができ、わかりやすかった。
⇒授業時間が多くなった。授業の進みが早くなった。
■ 「機械を使うようになってから」
⇒友達の意見がよく聞けるようになった。
⇒図もカラーで映るからわかりやすかった。
⇒(立方体の)一つの面だけでなく、いろいろな角度に自由に
    動かして、目でみることができた。
⇒操作しながら説明できるから、説明が楽だし、見ている人も
   わかりやすい。
⇒字やグラフや立方体(模型)を拡大できて大きく見やすかった。
⇒授業が楽しくなった。
⇒細かいものも大きく鮮明に映るので、後ろの席でもちゃんと見えた。

【困った点】 

■ うすい字が映りにくい。
■ 黒板に写すと見えにくい。
■ コードが引っかかって危ない。 
■ 暗くしないと見えない。まぶしい。
■ 光が強すぎて筆箱が溶けた。

     ⇒えっ? プロジェクタの光源は熱くなるので気をつけましょう
■ 映し出す時の場所の調整が難しい。

先生からの感想

【良かった点】
■  チョーク1本では、なかなかうまく授業が進まないことが。
    ありますが、書画カメラの使うことによって一歩進んだ問題解決型
    の授業ができました。
■ 普段の授業に比べインパクトが強く、発表内容がわかり易くなり
     聞いている子も発表している子も満足していた。

【困った点】 
■ セッティングに時間がかかった。
■ コンセントが短く、何本かになる。
   (書画カメラの電源コード、プロジェクターの電源コード、
        延長コード)
■  資料を置く位置をつかむのが少し難しかった。

    →使い慣れていない為、ズームを使うよりもアームを傾けて、
       近づけたり、 離したりしていた。
   
との感想をいただきました。

困った点として指摘されていることに関しては、教室の環境整備がされていないこと、使い慣れていないことも大きな原因であると思いますが、ちょっとしたことで、改善されることもあります。
やはり、セッティングの煩わしさ等々のマイナス要因もありますが、「授業がわかりやすかった。」「見やすかった。」「楽しかった。」という生徒の感想が圧倒的に多く、また「友達のノートが参考になった」という予想外の感想も得られました。書画カメラを使うメリットは大きかったと思います。

書画カメラは、“先生(大人)”だけでなく、“生徒(子供)達”も使うもの。
今後の製品作りの参考にしたいと思いました。

|

« 研究発表会 その2 | トップページ | 問題解決型授業 »

活用事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184670/4684261

この記事へのトラックバック一覧です: 研究発表会を終えて:

« 研究発表会 その2 | トップページ | 問題解決型授業 »