« 海外からのレポート(2/28) | トップページ | 書画カメラ体験記(3/14) »

書画カメラ体験記(3/7)

~ 先生からいただいた書画カメラの体験記 ~

使い方に慣れていないことが原因だと思うのですが、
2月に書画カメラを使用してから効果的な授業が行えませんでした。
しかし、こういった私の意見も載せることでみなさんに共感していただいたり、
参考にしていただけたらと思うことにしました。


4年生の分数の授業で書画カメラを導入しました。

問題『一つのケーキを二人で同じように分けるにはどうしたら良いでしょう?』

丸い画用紙を配り、二つに分ける方法を考えさせました。

一人の子の作業(ケーキを半分に折る)を書画カメラで映し、
1/2になったケーキを全員で確認。
次に四人でわける方法も考えさせ、作業を映しました。
ここまでは、映像があったほうが良かったと思います。

学校にマグネットホワイトシートがなく、映像を黒板に
映していました。
そのため、1/2 1/4 になったケーキを赤で映したのですが、
はっきり映らず結局、黒板に貼ってしまいました。
 
黒板を使って授業をすることが当たり前で、
指導書にも板書計画があるぐらいです。
アイコンタクト授業をするにはどうしていったらよいのか
これからの課題だと思いました。

|

« 海外からのレポート(2/28) | トップページ | 書画カメラ体験記(3/14) »

学校での出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184670/5684801

この記事へのトラックバック一覧です: 書画カメラ体験記(3/7):

« 海外からのレポート(2/28) | トップページ | 書画カメラ体験記(3/14) »