« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

マグネットスクリーンとは

先生方の多くは、授業でプロジェクター等を使う場合、マグネットスクリーンを
使用されているそうです。

マグネットスクリーンとは、黒板の上にマグネットで貼り付けつけることができ、
ホワイトボードのように書いたり・消したりが可能なスクリーンのことです。

映し出された画像の上から、そのマグネットスクリーンにホワイトボード用の
マーカーを使って、補足説明や重要な箇所に印をつけたりすることが出来ます。

グラフ用紙を映しておけば、グラフだけを何度も書いたり消したりが可能です。
また、問題を映せば、答えを書き込むことも出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外からのレポート(5/28)

イギリス 低学年の授業での様子

書画カメラで大きく映し出すと、小さい物が、巨大に変身!
小さな虫も、大きなモンスターになって子どもたちは大喜びです。
数を数える練習をしました。

『テーマ学習』

教科に関係なく、多方面からテーマについて学びます。
ここでは、テーマ:中国についての事例を紹介します。

書画カメラで映し出しながら、漢字の書き取りもしました。
子どもたちは、マンチェスターにある中国芸術センターを見学し、
芸術的な古代の書道作品を自分の目で見ました。
その後、もっと多くの漢字が書けるように、手元を書画カメラで拡大して
正しい書き方を学びました、

歴史の授業では、中国の小さな工芸品を書画カメラで映し出し、
色々な方向から眺めて観察しました。工芸品の細かな技を見ることができて、
みんな感動しました。

地理の授業では、世界地図をスクリーンに映し出して、
中国のところにピントを合わせるようにして使いました。
地図の小さなところも大きくして見ることができます。

ICT教育として、すべての子どもが書画カメラを使えるようになるように
教えてきました。興味を持って熱心に取り組み、設置や操作もマスターし、
自分から進んで書画カメラを上手に使えるようになったことには、驚き、感動しました。
子どもたちは、書画カメラでどんなことができるのかを理解しているので、
時には授業でアドバイスをくれたりもします。

子どもに、自分が大きく写して見たいものを探してきてもらい、
それを映し出す授業がとても人気です。「ほこり」から「古い硬貨」まで、
いろいろなものがあります。

子どもたちは、授業の終わりに、自分のノートや作品を書画カメラで映したがります。
書画カメラで映して、みんなに見てもらうことで、自信がついたり、
みんなの前で話をする力や聴く力を養うことにもなります。
授業中に作品ができたからといって終わりではないんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活用事例(5/21)

2年生 音楽 『かえるの合唱(鍵盤ハーモニカ)』

鍵盤ハーモニカの使い方で書画カメラを使いました。

鍵盤を書画カメラで写すと、児童から「わー!」という声が上がりました。
児童が、スクリーンに集中している事が伝わりました。

「かえるの合唱」では、♪ドレミファミレド♪の部分は1つずつ指を動かせば
良いので、どの児童も出来ます。

しかし、次の♪ミファソラソファミ♪の部分では“ミ”の位置がわからなく、
指が止まってしまう児童が何人かいました。

まず、スクリーンに映っている拡大された鍵盤で、“ミ”の位置を確認し、
親指を“ミ”の位置に置く練習をしました。

033

次に親指を“ド”から“ミ”に動かす練習をしました。
運指の様子を書画カメラで映し、何度も確認させました



035_2最後には、「かえるの合唱」を全員で演奏することができ、
どの児童も満足そうな顔をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活用事例(5/16)

4年生 算数 『わり算の筆算の仕方を考えよう』

Dsc00009





わり算の筆算では、ノートが雑になり、ミスが多くなりやすいと思っていました。
そこでノートの使い方を徹底するために、書画カメラを使いました。
ノートの方眼の上に1から15までの番号をつけさせ、書き始めと改行を番号で
指示しました。

(1年生のノートのイメージ)

Dsc00016

Dsc00012





「いつも、4、8、12の列は空いているよ。」

「わる数は、1、5、9、13のマスに書くよ。」

児童と同じノートを書画カメラで映し、授業を進めたので、児童全員が自分の
ノートと映像を確認しながらノートに書くことができました。

<実際に活用された先生のご感想>

  • ノートの書き方を統一することで、教師がチェックしやすくなりました。
  • 計算ミスをする児童を減らすことに繋がると思いました。

<子ども達の感想>

  • 「ノートの何処から書き始めたら良いか、わかりやすかった。」
  • 「いつもよりキレイにノートが書けてよかった。」
  • 「ノードがきちんと書いてあると、頑張ってる感じがする。」
  • 「ノートが見やすく書けたし、全問正解パーフェクトでうれしい。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活用事例(5/14)

5年生 理科 『ものの溶け方』

Photo_32

Photo_33





書画カメラのアーム部分を倒し、メスシリンダーのメモリを横から映しました。

Photo_34

Photo_36





プリントの必要な部分を映して○で囲んで説明しました。
メスシリンダーを実際に大きく見せて目線の高さなどを確認しました。

<実際に活用された先生のご感想>

  • ノートを映すことができるので、前時の振り返りをする時に
    黒板にたくさん書く必要がなく本時の活動にたくさんの時間を使える。
  • メスシリンダーの使い方を説明する時に、生徒を前に集めなくても
    目盛りを正確に横から見なければいけないことを教えることができ、
    全体に短時間で理解させることができた。
  • プリントの表に実際に書き込みながら説明することで表の書き方が
    短時間で説明でき、実験の時間が十分に取れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活用事例(5/7)

4年生 算数 『コンパスを使って』

コンパスを使う授業を行いました。
Dsc00004_1
今回の授業の目標は2つ。
 ・長さを写し取る道具としてのコンパスの使い方を知る
 ・折れ線の長さを直線上に写し取ることが出来る

今までは、教卓の周りに児童を集め、教師は使い方を見せ、
児童に作業をさせていました。その為、席に戻ってからの作業に
戸惑う児童も多くいました。

今回、教科書を書画カメラ(実物投影機)で映し、児童と一緒に一つずつ作業を
していきました。児童は、自分のしていることを確認しながら、長さを写し取ることが
できました。

書画カメラ(実物投影機)を使って発表している児童も自信を持って説明していました。

どの児童も、円を描くだけではなく、長さを写し取ることにも使えるコンパスに
とても興味を持って取り組んでいました。

アイコンタクト授業の良さを実感できた授業でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書画カメラとは?

L13書画カメラ(実物投影機)とは、テレビモニタやプロジェクタを
介して、スクリーンに書類や立体物をそのままの画像で映し
出す装置です。
以前、各教室に1台置いてあったOHPに代わり、
これからのICT教育には欠かせない装置です。

メリットとしては、

  • OHPのように、フィルムにする必要がない。
  • 映し出したいものをカメラの下に置けば、そのままの画像が
    映し出される。
  • 操作も簡単。
  • OHPでは見る事が出来なかった、立体物もそのままの画像が映る。
  • 映している資料に直接書き込みも可能。

教科書や資料、観察する植物等、書画カメラで映せば、
一度に全員が同じものを確認することが可能になります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「アイコンタクト授業」のご提案

「目は心の窓」「目は口ほどにものを言う」・・・・・
限られた時間の中で、より多くの時間を児童・生徒と向き合った
授業にしていただくために、書画カメラ(実物投影機)の活用をご提案いたします。

1、コミュニケーションにおけるアイコンタクトの重要性

 明治大学の斎藤孝教授は、その著「コミュニケーション力」の中で、
 コミュニケーションにおけるアイコンタクトの大切さについて
 次のように述べられておられます。

『目と目が合った時に、人と人との間に「線」がつながると私は考えている。
イメージとしては、目を合わせることで相手と自分の間に「線」をつくっておき、
その上に言葉をのせていく。すると、言葉がずいぶん相手に届きやすい。』

(岩波新書 斎藤孝著「コミュニケーションの力」)

 つまり、アイコンタクトはバスケットボールやサッカーぼるパスから始まって、
 会議、ディスカッション、講演等々、人々がコミュニケーションを行う為に
 欠くことのできないものというわけです。

2、先生と生徒のアイコンタクトが外れたとき

 授業においてもコミュニケーションがとても大事な要素であると考えます。
 そして、コミュニケーションは、アイコンタクトが外れたとき、断絶します。 
 授業中の板書の時間は、アイコンタクトが外れる時間です。

 先生が前の日の宿題の問題を、昨日のテスト問題を、長い計算式を、
 詩の一節を黒板に板書している間、教室はほんの少し
 無法地帯となってはいないでしょうか?

3、板書のかわりに書画カメラを使用すると

 黒板は後向きの姿勢を必要としますが、書画カメラ(実物投影機)を使えば、
 前を向いたまま、児童・生徒とアイコンタクトを外さずに授業ができます。
 さらに、板書する事柄をあらかじめ紙に書いて、あるいはワープロに打っておけば
 授業は直ぐにスタートできます。
 45分の授業時間が、まるまる45分の「アイコンタクト授業」「コミュニケーション授業」
 となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »