« 背景も重要です(7/23) | トップページ | 活用事例(7/25) »

カッターマットを使って(7/24)

実物投影機(書画カメラ)で小さなものを大きく映す場合、
倍率を大きくしますよね。
そんなとき、カッターマットをステージ(背景)として使うと良いそうです。
カッターマットには、方眼が表示されているため、
拡大しても、被写体の実際の大きさ確認することができます。

070724_1

小さなものを大きくする事は、見やすくなってとてもいいと思いますが、
実物の大きさを見失うこともあります。

背景も重要という事を(7/23)の記事に掲載しましたが、
色の他にもこういった工夫があるのですね。

|

« 背景も重要です(7/23) | トップページ | 活用事例(7/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184670/7260008

この記事へのトラックバック一覧です: カッターマットを使って(7/24):

« 背景も重要です(7/23) | トップページ | 活用事例(7/25) »