« 活用事例(7/27) | トップページ | 何が始まるんだろう・・・(8/1) »

テスト直しの場面で(7/31)

テストの答え合わせをする時に、テストを大きく映し出して
生徒と子ども達が一緒に問題を確認しながら答え合わせをされているそうです。

テストを大きく映すことで、口での説明にくわえて、
「テストの問題、書き加えられる説明、回答」を一度に見せることができ、
指導効率もいいですよね。
子ども達も目で見て確認できるのでわかりやすいと思います。

事例を3つほどご紹介いたします。

<4年 算数>

070731_1_1実物投影機(書画カメラ)を使ってテストの答えを映し出し、
子ども達とテスト直しを行いました
テスト直しも短時間で出来ますし、子ども達が自分のテストが
映し出されると大喜びです。


<2年 算数>

070731_2算数の文章問題のテスト直しをしました。
先生と読みながら、もう一度問題を解いていき

確認できるように式や筆算の答えを書き込んでいきました。



<5年 国語>

070731_3_1国語のテストの答え合わせを行う時に、解答用紙を大きく
映し出します。
文章大問題の答え方については、
子ども達に模範解答を示すことができ、
また、漢字は留意点に注目させることが出来ました。

|

« 活用事例(7/27) | トップページ | 何が始まるんだろう・・・(8/1) »

実物投影機活用実践プロジェクト」カテゴリの記事

活用事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184670/7283374

この記事へのトラックバック一覧です: テスト直しの場面で(7/31):

« 活用事例(7/27) | トップページ | 何が始まるんだろう・・・(8/1) »