« 2007年8月 | トップページ

ブログ移転のお知らせ

いつも ご愛読ありがとうございます。

当ブログ「ニコニコ45分」は平成19年9月20日より、

http://www.elmo.co.jp/niko-niko45/ に移転いたしました。

お気に入りに登録して下さっている方は、お手数ですが再登録をお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (41) | トラックバック (0)

計画帳の記入  

4年 学活常時活動 「計画帳の記入」 

229_2

300


 

 

当番が黒板に計画(明日の予定)を記入。
その際、字がきれいな子が計画帳を実物投影機の前で書くようにしている。
どの子もやりたがる!! 
字がだんだんきれいになっていく。

黒板が見えにくい子にとっては、見やすいので、持ち物、宿題なども徹底する。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ろ過実験』(9/18)

4年 総合  「ろ過実験」

296 各グループに汚れた水を用意させ、それをペットボトルで作った
ろ過器に通してろ過するという時間でした。
ろ過器を(材料の関係で)教師用しか用意できなかったので、
前で示すことになりました。

                          液体なので手でもっての説明は難しいので、とても役立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『書写の時間に』(9/14)

4年 国語 書道具の置き方を示す

332書道では、狭い机の上で、落ち着いて字を書くのに、
机上の整理はとても大事です。
道具の置き方を映すことで、できていない子に個別に
声をかけなくても、スクリーンを見ながら用意していました。

4年 国語 書道のお手本を映す

331書道のときに、字のバランスで気をつけてほしいことなどを
示しました。
始筆の位置を意識して書く事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『衛生指導』(9/13)

衛生指導での事例を紹介します。

全学年 保健 「衛生について(つめ) 」 

265 267_2

どちらのつめが伸びていているかを聞き、
つめの中のばい菌やつめの切り方などを指導します。
アップにでき、鮮明であることで、つめの中のごみまでしっかりとうつり、
指導しやすい。


266つめの中の説明。
見にくいので、下に黒のシートをひきました。


--------------------------------------------------------------
背景に黒のシートを敷くというアイデアによって、
手がはっきりと映り、ずっと見やすくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『検流計の使い方』(9/12)

3年 理科 検流計の使い方   

98簡易検流計の使い方を指導する際、検流計を拡大投影し
針の振れ方や線のつなぎ方を説明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『マグネットを使って』 (9/11)

実物投影機(書画カメラ)とマグネットをうまく利用した
授業をご紹介いたします。

5年 社会 「家庭で食べるお米 」 

128 米づくりの導入の際、家庭で食べているお米の産地調べをした。
日本図を拡大提示し、マグネット磁石をおきながら
どの県からのお米を食べている家庭が多いのかを見て
わかるようにした。
             その後、この図から気づいたことをノートにまとめさせた。

この授業の場合、地図上に名前を直接書き込んで大きく映すことを
思いつきますよね。
ですが、子どもたち全員の名前を直接書き込むのは時間がかかります。

事例のように子どもたちの名前が書かれているマグネットがあれば
地図上に貼り付けることで時間短縮ができ、とても見やすくなります。
先生の工夫が感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夏休みの前に その2 』(9/10)

夏休み前にたくさんの配布物や宿題についての説明を
子ども達にする場合、実物投影機(書画カメラ)を使用することによって、
配布物の確認や、何についての説明がされているのかも、
子ども達に簡単に伝わります。

いくつかの事例をご紹介します。

「夏休み前課題指導」   

306_2 夏休みの課題である練習帳を写す。
たくさんの配布物を短時間にチェックするのにも
多いに役立つ。
 

0307_2夏休みの生活表を投影。
目標、起床時間、就寝時刻を記入。
予定もその場で教師が記入しながら、みんなで映していく。


308_2夏休みの課題の応募一覧表の書き方指導。
子供と同じものが投影されるので、短時間に指導が徹底。 



309_2 夏休みの作文、絵画コンクールの一覧表の提示。
おすすめのコンクール、参加賞の出るコンクールを
みんなでチェック。夏休み前課題指導は今までの
教職生活のなかで一番時間が短縮。能率高く、
                          子供も一番わかりやすかったように思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『夏休みの前に』(9/7)

全学年 学活 「夏休みの作品募集一覧表を見る」    

231 夏休みにはたくさんの作品募集がある。
本校では、一覧表にまとめて児童に配付しているが、
件数も文字も多く、説明をしても、
どこの話なのか児童には把握しにくい。
            実物投影機で提示することによって、
            応募上の注意などを確かめた。


全学年 学活 「夏休み作品の応募票の貼り方を確かめる」   

232 夏休みの応募作品には、それぞれに応募票を添付する
必要がある。
投影機を使って、応募票の内容や添付位置を確かめた。
配付されたプリントのどこに説明されているかを知ることが
できたので実際に添付する際には、参照する場所が
分かってよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『辞典の引き方を覚える』(9/6)

国語の授業で辞典の引き方を学習するときに実物投影機(書画カメラ)を
活用した事例をご紹介いたします。

2年 国語 「国語辞典の使い方」 

070906_1今、ブームになりつつある小学1年生から国語辞典を使う。
学年で取り組んでいます。
国語辞典の仕組みについて、辞典のページを大きく映して
学んでいます。


4年 国語 「国語辞典だけはなく漢字辞典でも大活躍!」
 
070906_2漢字辞典の引き方で使いました。
漢字の意味などを理解するだけではなく、部首引き、総画引き、
音訓引き と3パターンの引き方を示すための索引も大きく映す
ことがで大変便利でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『顕微鏡を知ろう』(9/5)

顕微鏡を初めて使うとき、ケースから顕微鏡を出す時の注意する点や、
顕微鏡の操作の仕方等を実物投影機(書画カメラ)で映して見せれば、
「言葉+映像+書き込み」による説明で、
早く簡単に教えることができ、子どもたちも理解しやくなります。

5年 理科 『顕微鏡を使ってみよう 』 

070905_1 顕微鏡をケースから出す際の固定や解除の仕方を操作を
見せることで子どもたちに理解させた。



070905_2はじめて顕微鏡を使うので、実物を観察し、どんなつくりに
なっているのかを発表させた。
教科書にも説明が書かれているが、実物を使って
名前や操作の仕方を指示することができるので、
            子どもは安心して操作することができた。

5年 理科 『実物投影機のカメラを横にして顕微鏡を写します  』   

070905_3実物投影機の機能や使い方を説明するときに、
カメラを横にして全体を写すと簡単に説明できます。
スクリーンに名称を書き込めるのもとても便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『包丁の使い方』(9/4)

包丁の使い方を間違えると大ケガをすることになり危険です。
先生による言葉での説明に、実物投影機で映した映像が
プラスされることで理解しやすくなりますね。

実際に行なわれた授業での事例をご紹介いたします。

5・6年 家庭科 「じゃがいもの皮むき」

070904_1ジャガイモの輪切り、包丁の使い方、左手の添え方など
安全指導+切り方をしっかりと教えることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活用事例(9/3)

3年 理科 『直列つなぎ』

070903_1模型を使って電流の学習をする際に、模型そのものを拡大投影し、
電流の流れを子どもに説明させた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ